TOP > 出生率やら年金やら 6/13

出生率やら年金やら 6/13

出生率やら年金やら 6/13

2019年06月13日(木)3:08 午後

「1.42」の出生率が発表され

少子化への歯止めがきかないことが

あらためて浮き彫りになった。

日本は「子供が増えない」国なのだ。

 

子供を育てにくい環境

産むのが心配な環境

それがこの国なんだろうな、と思う。

 

子供が犠牲になるニュースも毎日のように聞かれ

老後は年金だけでは暮らしていけないよ、

自分で勝手に貯蓄しなさい、しかも2000万円、と

もっともそうに発表する金融庁や他人事顔の大臣。

 

「産めよ、増やせよ」

と言われたって

未来に希望が持てる話を

現実的に明るい話を聞かせてくれなきゃさ、、、

 

政策とか、法律とか、

頭の固いお偉い人や、現状を知らない机上だけの人が

あーだこーだと理屈を言ってるだけで、

ちーとも変わらないんだもんなー。

 

 

「産むため」に結婚するのではないわけで

まして女の人が責任を感じるような風潮は論外。

孫を、、、と望む親御さんのお気持ちも

とてもよくわかりますが、

 

まずは結婚するお二人が

幸せであること

笑顔で暮らせること

お互いを思いやる関係であること

が何よりなわけで

産む義務感を与えてはいけないし

子供を持たない夫婦を責めては欲しくないし。

 

子供はもし出来たらそれはそれで

楽しいこと嬉しいことも増えます。

でも、

子供がいなきゃ幸せの形が整わない

というわけではないんですよね。

 

結婚する人を増やし

できればお子さんを産んでいただけたら

少子化対策への一助となればというのが

私たち結婚相談所の役目ではありますが

 

産み育てるってホントに大変なこと。

想像以上に大変なことがいっぱい。

社会や周囲のフォローが

たくさんたくさんほしいのです。。。