TOP > 他人と暮らす 6/13

他人と暮らす 6/13

他人と暮らす 6/13

2020年06月13日(土)7:39 午後

結婚という

変化に戸惑う人へ

 

結婚って

他人と暮らす

ってことです。

 

人と暮らす、

しかも、シェアハウスの相手ではないから

結婚だから、、、

スペース、時間を共有することに加え

考え方や進む方向なども共有し

手を携えていくような間柄なわけで。

 

一人でいた時は

自分のタイミングで、自分の好きなように

自分のことをやっていればよかったけれど

二人になったら

時間も空間も変化していきます。

何も変えずに

頑なに習慣やテリトリーを保守し続けるのは

難しいですし、寂しいです。

 

テリトリーや時間を侵されるのではなく

結婚という共有の人生ですから

「変化」を受け入れることなのです。

 

いま「変化」が苦手な人が多い世の中です。

「個」を重視する現代。

「集団」や「みんなで」や「共有」が苦手な人、

多いんですね。

少子化や核家族も遠因でしょうし

実家に1人ずつの子供の個室が合ったり

スマホやパソコンの世界に多くの時間を割く人や

会社でも個別や自由意志を尊重される時代、

茶の間にしかない1台のテレビのチャンネル争いもない

お風呂屋さんにも行かないもんね、

時間やスペースを人と共有し合う分け合うとか

自分のやり方を多少変えて譲り合うとか

苦手というより経験が少ないのかもしれません。

 

「一緒に」

という気持ちを忘れないで

ゆっくりでもいいから

歩み寄って、

少しずつでいいから

受け入れ合って、

 

許し合って

認め合って

譲り合って

 

結婚したら毎日がバラ色

だけではないね確かに。

現実としてね。

 

でも、一人の時にはなかった

共感という暖色な空気、

そばにいるという支え、

その感触が

最初は新鮮でこそばゆいくらい嬉しかったはず。

 

思い出してね。

なぜその人を選んだのか。

その人との出会いに心底感謝した時のこと。

 

いつまでも

応援してるから。。。